District2650  SABAEKITA ROTARY CLUB

1600回 会長の時間 2017 10/11

先日、遠方の友人を訪ね、居酒屋に入ったのですが、【春夏冬二升五合】という

張り紙を目にしました。年配の方はご存じかも知れませんが、僕は初めて目にしたので、地酒の銘柄か?と気になって店の御主人に尋ねてみました。するとその御主人が長々と説明してくれました。

【春夏冬二升五合】と書いて「商いますます繁盛」と読むのだと。

「春夏冬」 秋が無い=商い

「二升」 一升(升)一升(升)=ますます

「五合」 一升の半分=繁盛

このようななぞなぞの要素を取り入れたシャレことばを「判じ物」というのだそうです(この判じ物は中国語にも多く見られるとのこと)。それはさておき、

「あきない」は「あきなう」を名詞にしたもので、その語源は「秋」だといい、秋の収穫のあとに取引が行なわれたことに由来するそうです。そして初めは

「あきない」のことを単に「あき」と言っていたとも。

「あきなう」の「なう」は、行なう・伴う、のように動作や行為を示す「する」

の意で、つまり「あきなう」は「あきをする」という意味になります。熱心に

説明してくれている御主人の横で手伝っている奥様が、

「ちなみに私の名前は あき ですよ」と。すると御主人がすかさず、「俺は

15の時から商売一筋やから!名前を聞いて、こいつや!と思ったね」と。

人に惚れたのか?名前に惚れたのか?よくわからない御主人でしたが…。

…話を戻しますが、

「商いは牛のよだれ」とか「商いは山椒の皮」とも例えられ、

牛のよだれが細く長く垂れるように、商売は気長に辛抱せよ、利得を急ぐな、

山椒の皮が辛いように、商売は せちがらいことが多い、という事だそうです。

それでも、「商いは正直が第一」と心得て、飽きずに根気よく精を出すのが

【春夏冬二升五合】(商いますます繁盛)となるコツなのでしょう。

御主人の話を聞きながら、ロータリー活動も同じようなものではないかと、

 

酒が不味くならない程度に思いを致しました。

 

                             2017-2018会長 増永英彦

 

 

 

 

2017-2018年度 会長方針

このたび、当クラブの会長を担当させていただくことになりました。平成11年に入会させて頂き、以来18年、先輩会員の方々にたくさんの知識や知恵を教わり育てていただきました。最近になり、過去のクラブ報告書をはじめ、入会して以来のクラブ週報、ロータリー情報マニュアルなどロータリー関係の資料に目を通しておりますと、本当に色々な事があり、楽しかった事や失敗して悔しかった事など、きのうのことのように思い出されます。あらためて今の自分があるのは、諸先輩方の、まさに好意と友情のおかげであると、心より感謝しております。今までいつも何かとクラブにお世話になり育てていただいてきたので、今年はなお一層クラブの為になるよう、何かお返しが出来ればとの思いでございます。

2017-18年度国際ロータリー会長 イアン・H.S.ライズリー氏の今年度テーマは

「ロ―タリー:変化をもたらす」  ROTARY : MAKING A DIFFERENCE です。

そして、これを受けてRI2650地区の田中誠二ガバナーは「愛着と誇り」を地区スローガンに掲げられました。まさに、今の我がクラブにとっても、おおいに当てはまるものではないでしょうか。ロータリー全体もどんどん変化してきておりますし、我がクラブも会員減少により奉仕と親睦を掲げるロータリークラブを存続できるのかどうか?のこの時期だからこそ、このスローガンをクラブ会員全員で共有し、より良い姿のあり方を一致結束して見つけ出したいと思います。そこで私は、ガバナースローガンのサブタイトルとして「奉仕のもとに結束を」を付け加えさせていただきます。私自身もこの年度がスタートするにあたり、常に寛容と忍耐を胸にクラブ活動に努めてまいりますので、会員の皆様方のご理解とご協力、ご支援を切にお願い申し上げます。

 

                            2017-2018会長 増永英彦

 

2017-9/13  鯖江RC合同例会/合併覚書調印式

8/26 丹生高等学校模擬面接開催!!

7/14 2650地区ガバナー田中誠二氏来る

幹事報告

●10/25は28のIM参加にて振り替えさせていただきます。10/25の例会はありません。

 

●青少年交換留学生ご参加の募集いたしております。幹事までご連絡下さい。

 

◎鯖江北RCホームページは皆様の、地域の情報や歴史的な事柄を写真などでも御紹介

掲載していきたいと思います。どしどしご参加・メール等下さい。

10/11ニコニコBOX

武生府中RC大刀隆雄様

増永会長 酒井幹事 小山会員 馬場会員

感謝袋

新入会員のご紹介

■2016〜2017年度委員会活動報告

●SAA兼スマイルBOX委員会 委員長 大久保 衛

秩序と品位ある例会を開く事に努める。

会員同志、ビジター、ゲストへの心地良い対応に心がける。

 

●会員増強委員会 委員長 西尾俊一

会員退会防止と共に純増5名の会員増強

会員全員に候補者リストを再検討すると共にパスト会長を中心に2、3名のチームで勧誘する。毎月1名候補者をゲストとして来て頂き例会の中で全員で入会を勧める。

 

●ロータリー情報・プログラム委員会 委員長 増永英彦

会員へロータリ−に関する情報提供を行う。

卓話については、会員卓話を基本としてロータリ−月間にはその月間にかんする

卓話も実施する。 

 

●親睦活動(ソング・出席)委員会 委員長 梅田吉臣

会員の例会出席率の向上と親睦がはかれるように心掛ける。

移動例会/家族旅行の実施及び充実。

 

●広報・会報記録委員会 委員長 酒井優嘉

会報を通じて、新鮮なロータリーの情報を提供し、ネット配信は遅れない様注意したい。

写真情報にも力を入れていきたい。

 

●健康管理委員会 委員長 馬場一彦

例年通り年1回の健康診断をおこない会員の健康面で相談にのる。

 

●姉妹友好委員会 委員長 笠原昌示

有効クラブとの親睦を更に深める。尼崎RCとはゴルフを通じて友好をはかる。

来年4月には台湾ヨウバイクラブの周年事業に参加する。

 

●職業奉仕委員会 委員長 武内隆敏

職業奉仕理念の学習を通じ理解を深めると共に自己の職場での実践に努める。

職業奉仕に関する講演会には積極的に参加する。

 

●社会奉仕委員会 委員長 高田義紀

地域のニーズを調査、研究し現状に合致した活動を行う。

丹生高校模擬面接の実施。琵琶山清掃を遺族会と実施。12月に中学生サミットの実施。

 

 ●ロータリー財団/米山奨学委員会 委員長 黒田敏夫

ロータリー財団/米山奨学会に対する理解を深め寄付えの協力を求める。

ロータリー財団/米山の月間には関連する卓話を行う。

財団/米山についてそれぞれの地区目標の達成に努力する。

財団の地区補助金について、どのような事業が求められているのか、情報収集を行う。

 

2016〜2017 おもな出来事

7/26 今年度最初の夜間例会

6/14ラジオパーソナリティさかいちよみ。氏来る!!

2016 10/5 米山奨学生来る 呂英様

お世話クラブ:福井ロータリ−クラブ 藤森 彰様

9/9(金)   鯖江RC/鯖江北RC合同夜間例会       於:料亭天狗楼

2016 8/24 丹生高等学校模擬面接開催!!

2016 8/03   第2650地区ガバナー  刀根荘兵衛様をお迎えして!!

 

■例会場/事務局 「  神  明  苑  」

     

 〒916-0017  鯖江市神明町2丁目8-4   

        (福武線ー神明駅裏徒歩3分)

         TEL 0778-29-0290

         FAX 0778-29-0280